相続放棄の事案について

父親が死亡し、詳細は不明ながら借金があったと思われる事案でまもなく3月経過する直前であったため、慌てて当事務所に相続放棄を依頼した事例がありました。迅速に対応し、無事3月以内に放棄の手続を完了致しまし…

>>続きを読む

相続

相続放棄の事案について  2018-04-26 00:38:58

父親が死亡し、詳細は不明ながら借金があったと思われる事案でまもなく3月経過する直前であったため、慌てて当事務所に相続放棄を依頼した事例がありました。迅速に対応し、無事3月以内に放棄の手続を完了致しまし

親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について  2017-12-27 05:53:03

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として

相続人の1人が印鑑を押してくれなくて預金が下せない事例  2017-06-13 10:06:37

父親が死亡し、金融機関に多額の預金があったにもかかわらず、感情問題から相続人の1人が署名押印してくれなかったため預金が凍結されたまま1円もおろせない状態となりました。 そこで依頼を受けた当事務所は遺産

遺留分  2017-04-19 10:06:37

A氏の父Cが最近死亡し、母親は既に死亡していることから、Cの法定相続人としては子供のAとBのみがいました。しかし父Cは遺言を残しており、その遺産のすべては子供のうち最も仲の良かったBに与えるというもの

相続人の1人に認知症の者がいる場合  2017-03-12 10:51:55

最近、相続に関してよく相談があるのが相続人の1人に認知症の人がいる場合のケースです。この場合、認知症の人には後見人を家庭裁判所によりつけてもらう必要があります。かなり時間と手間がかかります。

相続人の1人が所在不明で遺産につき連絡がとれない事例  2017-03-11 00:00:00

最近、当事務所によく相談に訪れる事案が相続人の1人が所在不明の事案です。相続につき遺産分割の話し合いをしようと思っても所在不明では話し合いようがありません。また1人でも印鑑を押してくれない場合、預金の